• 日本語空間

「うつ」に思う

暗くても、目を背けてはならない事実。

日本では、今年の8月に自殺した人の数が1849人に

上り、去年の同時期よりも240人以上増えました。


コロナ禍にもかかわらず、春までの前年比では、数が

減少していたのに、ここにきて増えたのは、影響が

後になってから出るということでしょうか?


これだけ大規模なパンデミックの災禍に見舞われ、

社会が機能不全に陥っている中、自国にいても

うつ状態になるのは無理もない。

しかし、外国で暮らす留学生は、精神的な苦難を、

より強いられていると想像します。


過去に、うつの症状で、クリニックに通ったり、

精神安定剤を飲んだりしている留学生に会ったこと

があります。

向かい合う時には、相手の意思を最大限尊重し、

無理を強いないよう配慮しました。


勉強も仕事も大切ですが、心身の健康に勝るものは

ありません。

心が弱っている人を見かけたら、頑張れ! と肩を

押すのでなく、まずは静かに話を聞いてあげたいですね。













以前、伊豆を旅行した時、台風が近づいて

いたせいで海が荒れていました。

そこで、このような看板を見つけ、ハっと

させられたのを覚えています。


※写真は城ケ崎海岸のものです。

4回の閲覧