• 日本語空間

「ガラスの天井」を突き破るには

昨晩、授業をおこなっていて、すでに1年以上学んでいる

学習者の方(社会人)の会話が、確実に上達したのを感じた。


たとえば「悩ましい」などという語彙が、自然に口に上る

ようになっている。

私が、常日頃いうところの「こなれた日本語」に近づいた

ことが非常に喜ばしい。


だが、ご本人は、自身の日本語のレベルが足りないせいで、

直属の上司との間に「壁」があると感じているようだ。 こちらから何とかコミュニケーションを取ろうとしても、 受け入れてもらえない。

あからさまな拒絶でないものの、うっすらとバリアを張られて

いると感じる。


彼は、それを「ガラスの天井」と表現していた。


そのことばを聞いてハッとしたのは、この語が、どちらかと

いうと女性により使われてきたため、外国人男性の口から

発せられた時、自分の中にも思い込みがなかったか? と 反省させられたことによる。

そう、当然、「マイノリティ」に対する問題と認識せねば ならない。


職場の上役の中には、その上司とまったく対照的に、シニア であるにもかかわらず、和ませてくれる方もいるそうで、

「あなたを日本語の冗談で笑わせるのが目標」などと言われたり するらしい。


まさに上司も十人十色…


だが、よそよそしい相手であればあるほど、いきなりカジュアル

に接するわけにはいかず、きちんとしたことば遣いを使えること

を示さねばならない。


その学習者の方は、フレンドリーで前向きな性格だが、謙虚さ

も兼ね備えているので、日本人からは、評価が高いと考えられる。

それゆえ、距離を縮められない原因を「自分の日本語のせいだ

と思う」と分析していた。


にもかかわらず、その上司が、壁を作るのは、個人的に評価基準

が厳しいのか、やはり外国人に対してあまり優しくないのか。


入社の時点で、日本語必須とは言われておらず、前職までは、

英語で不自由なく仕事をこなしてきたが、一念発起して日本語の

勉強に精進し、成果も出てきている。

そのような外国人社員に対し、直属の上司は無論のこと、社内

全体で、日本人社員の方から歩み寄り、開かれた職場にして

いけないものだろうか。


何より、会社にとっていちばん大切なのは、上司の好みや気分で

なく、協働の環境を創出することなのだから。








閲覧数:30回0件のコメント