• 日本語空間

「大阪プロジェクト」参加

この度、「大阪プロジェクト」に参加させていただくことに

なりました!


「日本語空間」にとって、このようなイベント参加は初なので、

大変うれしく思います。


近代研究の徒として、大阪といえば、まず思い浮かぶのは学問所

「懐徳堂(かいとくどう)」です。

江戸の官学に対抗し、自治の精神と実学を重んじる町人の知恵

が、独自な哲学に結晶したのでした。


実際、同学問所では、近世の教育活動が主たるものでしたが、

その歴史は、近代以降にも生きているといえるでしょう。


一時は、江戸の昌平坂学問所(東京大学の源流)と並ぶほど

隆盛をきわめた懐徳堂は、大阪大学文学部に、その精神を引き

継がれています。


カフェ「大阪に住む人たち」管理人様のご厚意で、新しい縁

が広がることを、心より期待しています。














      




       懐徳堂旧阯碑

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

縁は異(い)なもの

一昨年、卒業論文のサポートを依頼してきた元留学生が、 先週の土曜日に結婚式を挙げました。 卒業と結婚がほぼ同時とは、珍しいこと… しかし、そこに至るまでは、単調ではないドラマがあった のです。 最初、彼女は添削を希望していて、あまり完璧に直しすぎ ない方がいい、といわれたので、そのつもりでいました。 理由は、ゼミの先生にも直してもらう「余地」を残して おきたいから、と。 しかし、年末になってもいっ