• 日本語空間

「嫌われ者」とか

少し前のこと。

スーパーの駐車場で、傷ついて動きが鈍くなった

鳩を、カラスがものすごい勢いで襲っているのを

見かけました。


鳩が哀れだと感じた私は、思わずカラスを追い

払っていました。

後になって、カラスは、私たちが食肉を調達する

ようにしていただけではないか、とかえりみられ

ましたが…


雑食のカラスはまた、「ゴミの日」を知っていて、

生ゴミを見つけ出し食い散らかすので、人間に

嫌われています。


一昨日、散歩中にそのカラスが吊る下げられている

姿が目に入り、一瞬ギョッとしましたが、近づいて

みると模型でした。


嫌われ者扱いされるカラスは、ここでは害鳥除け

(がいちょうよけ)の役目を担わされているのです。

下向きにするとカラスが、上向きにすると鳩やスズメ

が寄ってこなくなるらしい。


「平和の象徴」とされる鳩も、フンの害が不衛生だ

とかいわれ、駆逐(くちく)されてしまっています。


現代は「ポストヒューマン」の時代などと形容され

ますが、実質がともなわない人間中心主義の世の風

に吹かれたカラスは、どこかニヒルに見えました。



          「嫌われ者とかいっちゃって…」by カラス

閲覧数:32回0件のコメント

最新記事

すべて表示

いつもの5月なら、陽光が降り注ぎ風もさわやかで、 いちばん過ごしやすい季節のはずなのに、今年はやけ に雨が多く、天気が不安定だ。 何でもラニーニャ現象により、梅雨が早く到来する かもしれないとのことで、少々落胆している。 だが、今日は久しぶりに青空が広がり、外を歩いて いると空気もさらっとして心地よかった。 コロナや終わる気配のない東欧の戦争の影響で、 何があっても、心からよろこぶ気持ちになれない