• 日本語空間

「憂国」から50年(2)

モーリス・パンゲ氏のいう「スノビズム」による自死

とは、「これみよがし」の演劇的なそれを指しています。


三島が、自衛隊のある建物のバルコニーで演説をした

のち、室内へ入り、切腹を行ったのは、結果的にそう

なったのでなく、あらかじめシナリオが存在しました。


さまざまな理由は、後付けのようでもあり(たとえば

天皇制を支持しながら、生身の天皇には興味を持た

なかった)、死への衝動をバネに、本人なりの美意識

で人生のドラマを完成させたかったということでしょう。


その道行きの相手に選ばれたのが、当時、早稲田大学に

在籍していた森田必勝(もりたまさかつ)でした。


憲法改正を訴えるため、クーデターを起こそうという

企図への「賛意」を期待した自衛隊の若い隊員から、

強い反対のことばしか引き出せなかった三島は、

失望します。


そして、職業軍人ではない学生の、それも地方出身の

純朴な森田に、白羽の矢が立ったのでした。


学生といっても、すでに成人していた森田ですが、

表面的には思想の一致があったとしても、20歳も年長で

すでに作家として名を成し、人生の半ばにさしかかって

いた三島とは、直接行動への想いにも径庭があったこと

は想像に難くない。


50年の節目に、多くの知識人や作家らが、三島に対し

肯定的な評価を語っています。

その三島と最期をともにした森田に対しても、一部で

神格化の動きがあります。


しかし、森田の実兄が発する、国を憂う気持ちがあれば

こそ、生き抜いて「ことば」で訴えることが大切では

なかったか? という問いが、むしろ静かに胸を打つのです。





6回の閲覧0件のコメント