top of page
  • 日本語空間

「手書き」から遠く離れて

学習者一人一人にカスタマイズした模擬試験問題を、

自分自身で解いて、難易度をチェックします。

それにつけても、手書きの困難さを思い知る今日この

ごろ…


私は、仕事の閑散期を中心に、学術論文を執筆して

います。

ワード使用なので、当然、何度でも書き直せるし、

むしろ推敲を重ねることで、表現を研ぎ澄ましていく

といった方法です。


労力はかかりますが、やはり推敲を疎かにしない文章

には、高い評価が返ってきます。


しかし、試験では、制限時間や制限字数と闘わねば

なりません。

この場合、文章の精度を徹底することは、ある程度

放棄しなければならず…


表現も大事ですが、内容が優先されます。


一筆書きのように、元に戻って書き直すことのでき

なかった(しなかった)時代、文章に対する人間の

感性も、ずいぶん違ったものだったのでしょう。


そもそも日本語の文章は、縦書きだったんですよね。


しかし、手書きの肉体性をあらためて意識しながら、

文字や「書く」という行為について再考させられて

います。










  鈴木暁昇さんの「書道画」です。

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「書く」ということ

諸々の事情で、身体に限界がきて、活動休止を余儀なく されることとなった。 顔の神経が何かおかしいと思ったら、舌が動かず、 いわゆる呂律が回らない状態になっていた。 奇妙な偶然というべきか… 少し前に亡くなった恩師は、出会った時すでに全盲に 近く、長年眼そのものが悪いと思っていたのが、全身の 神経疾患による病と判明し、最後は口も利けなくなって いたのである。 私の症状については、まだ原因が不明だが、

Comments


bottom of page