• 日本語空間

「水」でつながる

野良猫がやってきたりしなければ、居心地のよい場所

から、わざわざ引越しなどしなかった。


新しい事務所は、ペット可の物件が少ないことと経済

的な理由から、少々古く日当たりもよくない。

けれども、小さな庭がついているので、野外が恋しい

子猫を遊ばせてあげられる。


ここでは、朝から夕まで汽笛の音が聞こえる。

それで、室内にいながら、海の姿を思い描く。


日々の雑務に追われ、時間を過ごすことには、嫌気

(いやけ)もさす。

そんなときには、心を空(から)にして、水でつな

がった彼(か)の地に想いを馳せる。


自由とは何か?

の問いに答えきれないまま…


だが「水は絶え間なく流れ、激流にもなる」。


今は、束の間の試練の時と信じて!


光は

復(また)

香る

港に――


射すだろう、きっと。










10回の閲覧0件のコメント