• 日本語空間

「水」でつながる

野良猫がやってきたりしなければ、居心地のよい場所

から、わざわざ引越しなどしなかった。


新しい事務所は、ペット可の物件が少ないことと経済

的な理由から、少々古く日当たりもよくない。

けれども、小さな庭がついているので、野外が恋しい

子猫を遊ばせてあげられる。


ここでは、朝から夕まで汽笛の音が聞こえる。

それで、室内にいながら、海の姿を思い描く。


日々の雑務に追われ、時間を過ごすことには、嫌気

(いやけ)もさす。

そんなときには、心を空(から)にして、水でつな

がった彼(か)の地に想いを馳せる。


自由とは何か?

の問いに答えきれないまま…


だが「水は絶え間なく流れ、激流にもなる」。


今は、束の間の試練の時と信じて!


光は

復(また)

香る

港に――


射すだろう、きっと。










9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

縁は異(い)なもの

一昨年、卒業論文のサポートを依頼してきた元留学生が、 先週の土曜日に結婚式を挙げました。 卒業と結婚がほぼ同時とは、珍しいこと… しかし、そこに至るまでは、単調ではないドラマがあった のです。 最初、彼女は添削を希望していて、あまり完璧に直しすぎ ない方がいい、といわれたので、そのつもりでいました。 理由は、ゼミの先生にも直してもらう「余地」を残して おきたいから、と。 しかし、年末になってもいっ