top of page
  • 日本語空間

“腰折れ”に注意ー論述の出発点ー

大学生や大学院生のレポートを添削していて、よく目にするものに、

文章の「腰折れ」があります。


つまり、前後の文章がつながっていないということ。

文章を、人間の身体にたとえるなら、腰が折れてしまえば、まっすぐ

に立つこともできません。


顕著なケースは、前段と後段が、内容的、論理的に断絶している。

もしくは、一つの段落に、関連する内容が雑然と詰まっている。

→実際にはそうでなくとも、コピー&ペースト感が…


しかし、実際に、このような例は枚挙にいとまがありません。


または、完全に折れてしまっているわけではないものの、「書き込み」

が足りず、皮一枚でぎりぎりつながっているごとく不安定な場合も

あります。


文章を書きなれていないと、とにかく書き上げるのに精一杯で、

客観的な視点が抜け落ちており、これが根本的な問題です。


それゆえ、書くという行為は、訓練の積み重ねなのですが、

書いている途中には気づかなくとも、日をおいて見直すと、「腰折れ」

のような問題点が、浮き上がって見えてくることもあります。


自分自身で、それを見つけられるようになれば、相当な進歩。


いずれにせよ、文法や文字語彙レベルにとどまらず、論理の一貫性、

適切な言及に意識的になることは、むしろアカデミックな論述において

出発点といえるでしょう。



                  2021.6.17


閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

柔軟な研究生活を送ろう

ここのところ、日本の大学院に進学を希望する 外国人学生が増えている。 実際に大学院で博士課程を修了した身としても、 専門性が絞られ、高度な学びをおこなえる大学院 は、大学以上に、留学としては意義あるものと 考えられる。 日本国内での大学院進学率は、依然高くないが、 優秀な外国人学生が増えることで、全体のレベル アップが図れるなら、本来の少数精鋭的なあり方 が保たれるのではないだろうか。 さて、大学

Comments


bottom of page