top of page
  • 日本語空間

『あまり行かない喫茶店で』


前回の記事で書いた若者に人気の喫茶店に、

「純喫茶」なるものがある。


酒類を扱わず、コーヒーやソフトドリンク

のみ提供する店を指す。


近代の日本で流行した「カフェー」には、

女給(ホステスに近い)がいて、接客を

おこなっていた。

中には、女給目当ての客も少なくなかった

ようだ。


そのような店と区別するため「純」をつけた

のだが、戦後、女給がいなくなっても雰囲気

は残っている喫茶店が、純喫茶を名乗ったと

いうことらしい。


現代のどこか無機的でスタイリッシュなカフェ

と対照的に、純喫茶は、その有機的な佇まいが

「エモ(emo)い」などともいわれる…


閲覧数:39回0件のコメント
bottom of page