• 日本語空間

あたらしい生活

犬が好き? 猫が好き?

なんて、会話のきっかけのように持ち出される

問いです。


正直、私は、両方好きでも嫌いでもなく。


それ以前に「人新世(ひとしんせい)」の所業

について思うところ多々あり。

動物を見ると、反射的に「かわいい!」という

より、惻隠(そくいん)の情をもよおしてしまう

ので。


そして、やはりミニマムな生活を送りたいため、

責任を伴う動物の飼育は、考えませんでした。


強いていえば、この近くで散歩している犬の

ボルゾイを、造形的に美しいと見とれていた

くらいです。

→友人に話をしたら、あの「鹿」みたいな

「ユニコーン」みたいなやつ? と。











  立ち上がったら2m超えの迫力。

  走るのが大好きで、人懐っこい。


前置きが長くなりましたが、悩んだ末、野良の

子猫(6か月)――「メメ」と命名――を保護する

ことになりました。


コロナ禍は、ふしぎな縁を招じたわけです。

リモートワークの定着により、いわゆる半径50

メートルの世界との交流が深まったのだともいえ

ます。


1日も欠かさず、台風の日でもやってきたメメ。

秋が深まり、冷え込むようになってからは、帰り

たがらなくなり、午前の早い時間にはもうドアの

前で待っているので。


猫1匹飼ったことがなく、ぎこちなさ全開で

接していますが、涙を浮かべながら餌を食べて

いるこの子猫を見ると、来てくれてありがとう、

という想いがこみ上げます。


ネコとヒト。

あたらしい生活のはじまり――

















  何とかケージに入ってくれてホッ。

  初の健康診断に行ってきます。

5回の閲覧