• 日本語空間

いと高きところに

中学のときに参加した学校見学で、一番印象に残ったキリスト教系

の高校を、迷わず選んで受験した。


聖歌隊の合唱やハンドベルの演奏、そして歴史を経た薄暗い礼拝堂

のたたずまいに魅力をおぼえたからという理由だったが、合格した

ときは満足だった。


そうして、3年間の高校生活では、毎朝礼拝があり、牧師の説教を

聞いたのち讃美歌を歌い、祈祷をおこなった。

その牧師が、先生として教える「宗教」の時間もあった。


聖書にも讃美歌にも、古語、それも雅語(がご)がちりばめられていて、

普段まったく使わないような表現に引きつけられた。


今でも、ふとした拍子に、それらのことばが思い浮かぶ。

なかでも、しばしば出てきた「いと高きところに」という表現は、 つよく刻まれている。


口語にすれば、「とても高いところに」だが、これではまったく味気

(あじけ)なくなってしまう。


「いと高きところに」というとき、手の届くことのかなわない不可視

の抽象的な場が、おのずとイメージされる。

卒業後、何度か通った教会には、今では足が遠のいてしまったが、 せめて年に1回の降誕祭には、にわかクリスチャンのようであっても、 頭(こうべ)を垂れている。

閲覧数:30回0件のコメント