• 日本語空間

ことばのざわめき

以前、カメラ片手に一人で旅行した時、自分が操る

ことのできないその地(国内外)のことばの

「ざわめき」に身を任せるのが、何ともいえず心地

よかったです。


新鮮な感動をおぼえてしまってから、折を見ては、

小旅行を試みたものでした。

今はそんな機会も遠のきましたが…


ことばの「意味」や、具象的な世界に疲れると、抽象

の世界に憩いたくなります。

つまり、「ことば」を自明のように扱いながら、一方

で自明のことなど何一つないと確信(!)している。


SNS全盛の今日、気が遠くなるほど多種多様なことばが、

勢いよく飛び交っています。

おそらく、その先がどこに向かうのかも顧慮されず、

発され続ける言語表現。


日本における表現の「自由」が、「好き勝手」の別名

でないことを、自戒を込めつつ願わずにはいられません。


わずか100年にも満たない過去の歴史を、一度でも

紐解いたことがあるのなら。

生きている以上、「自由」と不可分な理知のことばを、

手放すことは許されますまい。























 「白いバラ運動」のゾフィー・ショル

(1921-1943)


8回の閲覧