• 日本語空間

ウィルスは生物か?


つい先日読み始めた『生物と無生物のあいだ』は、

読解用のテキストとして、生徒さんから提案された

ものです。


ひとびとがウィルス感染に揺れている折も折、朝日

新聞のデジタル版に、同書の著者である福岡伸一

さん(青山学院大学教授)のインタビューが載って

いました。


『生物と無生物のあいだ』で、福岡さんは、ウィルス

を「生物と無生物のあいだをたゆたう何者か」と表現

しています。


もし、生命を「自己複製するもの」と定義するなら、

ウィルスはまぎれもなく生命体である。

ウィルスは、細胞に取りつき、そのシステムを乗っ取り

寄生虫のように自(みずか)らを増やしていく。

しかし、ウィルス粒子の単体を眺めれば、機械的オブジェ

のようであり、そこに生命の「律動」はない、と。


ウィルスが、生物か無生物かという問題は、学界では

長らく論争の的(まと)であったそうです。

しかし福岡さん自身は、ウィルスを生物であるとは定義

しない、といいます。


専門的で高度な学識をわかりやすい説明にかえ、福岡さん

はそれを、砂浜に在る同じような色をした「小石」と

「小さな貝殻」の違いに例えています。


小石も貝殻も、原子が集合して作り出された自然の造形

であり、どちらも美しい。

けれども、小さな貝殻が持つ美の形式は、「秩序」が

もたらす「動的」なものだけが発することができるのだ、と。














※テキスト

福岡伸一『生物と無生物のあいだ』講談社(2007)


12回の閲覧