• 日本語空間

カオスに射す光

昨日の朝のこと、学習者の方から悲鳴のようなメール

(絵文字「泣」付き)が届きました。


私が、大学入試の過去問題より少し易しく設定して

作った模擬試験が、「うまく解けない」と。


以前から、JLPTやEJUのような一問一答形式の資格試験

のほうに慣れてきたため、絶対的な正解が一つある

わけではない論述問題に苦しんでいるようです。

→大学が個別に作る入試問題に比べると、EJUの記述

は、ポイントがはっきりしているので、まだ書きやすい。


そういいつつも、今日の午前中には、その宿題がメール

で送られてきていました。

よしよし、偉い!

着実な進歩の手応えが感じられます。


細かい問題は山積しており、何よりの目標は合格です

が、せっかくうちを使ったからには、アカデミックな

論述の能力を高めてほしい。


現在は、課題をこなすだけで精一杯でも、大学入学後に

文章力は確実な差となって表れるのだから…!


再びは訪れない時間を大切に。

合格+実力の養成=「一石二鳥」で行きましょう。



★春に、このブログに綴った事務所近くのプロテスタント教会が、最近新装されました。

以前の、これ以上ないほど簡素で、大風

が吹いたら飛んでしまいそうな風情に、

愛着をおぼえていた身としては、少々寂しいですが…

フードバンクや子ども食堂の開催といった「アガペー」の精神は、健在です。










★昨日のブログに載せたマリア像に、

なぜ自分がひかれていたか? それは、頭部の表情によります。

あの像は、全体には簡素なつくりですが、ほんのわずかに頭が傾いており、冠が斜めになっていたから…なぜ? と。


調べてみたところ、類似したポーズの

「マーテル ドロローサ(悲しみの聖母)」が見つかりました。

この写真のマーテルほどドラマチックではないものの、そうであるからこそ、

ひっそりと感情の重みに耐えているかの

ような姿が印象的だったのです。

8回の閲覧