top of page
  • 日本語空間

ゲニウス・ロキ

「私はまたゲニウス・ロキを呼び覚まそうとしている

のかと思いました」。

忘れもしない、博士論文の口頭試問の際に副査から

かけられたことばである。


もともと旺盛な読書を思わせる豊かな語彙の持ち主で

あったその先生は、授業料減免や学振の申請等で

「一筆」をお願いすると、説得力のある端然とした

文章を書いてくれたものだった。


そのようにお世話にはなったが、親しみやすいとは

いえず、どこか近寄りがたく、時には皮肉な物言いを

することもある人物だった。


専門を同じくする教員が見つからず、仮においてもらって

いたゼミで、学生の人数も多かったため、こちらから

遠慮してあまり話しかけなかったのだが、わずかに会話

しただけにもかかわらず、後々まで印象的なことばを

発されたのである。


冒頭に書いたレトリックの利いたフレーズも、他の教員

ならあのような場でサラッと口にしたりはしないだろう。


その時は、博論で言及した地域を書き込んでいるという評価

かと思っていたが、最近読んだ建築関係の本により日本で

「ゲニウス・ロキ」という語が流行った時期があったと知った。


簡単な計算をしてみたら、それは、当該の先生がまさに

大学院生だった時期にあたる。

ゼミに置いてもらっていた時には、読書に関する話など

まったくしなかったが、この語に再び出会ったことで

自分自身の勉強不足を反省しつつ、本をむさぼるように

読む先生の姿を想像し、心が明るんだのである。


閲覧数:28回0件のコメント

最新記事

すべて表示

リファレンスは足りているか?

先週から今週にかけて、読まねばならない本が山積 していて、ブログの更新が遅れてしまった… 読まねばならないと書いたが、学位論文や投稿論文、 研究計画書のサポートをする際、学習者の方と共に 相当量の読書をこなす。 Pdf形式の論文にも目を通すが、大学院レベルとも なれば、やはり書籍がメインとなる。 初めて本格的な論文執筆に取り組む場合、「書く」 方にばかり意識が行ってしまうかもしれないが、 実は、そ

bottom of page