top of page
  • 日本語空間

ゲニウス・ロキ

「私はまたゲニウス・ロキを呼び覚まそうとしている

のかと思いました」。

忘れもしない、博士論文の口頭試問の際に副査から

かけられたことばである。


もともと旺盛な読書を思わせる豊かな語彙の持ち主で

あったその先生は、授業料減免や学振の申請等で

「一筆」をお願いすると、説得力のある端然とした

文章を書いてくれたものだった。


そのようにお世話にはなったが、親しみやすいとは

いえず、どこか近寄りがたく、時には皮肉な物言いを

することもある人物だった。


専門を同じくする教員が見つからず、仮においてもらって

いたゼミで、学生の人数も多かったため、こちらから

遠慮してあまり話しかけなかったのだが、わずかに会話

しただけにもかかわらず、後々まで印象的なことばを

発されたのである。


冒頭に書いたレトリックの利いたフレーズも、他の教員

ならあのような場でサラッと口にしたりはしないだろう。


その時は、博論で言及した地域を書き込んでいるという評価

かと思っていたが、最近読んだ建築関係の本により日本で

「ゲニウス・ロキ」という語が流行った時期があったと知った。


簡単な計算をしてみたら、それは、当該の先生がまさに

大学院生だった時期にあたる。

ゼミに置いてもらっていた時には、読書に関する話など

まったくしなかったが、この語に再び出会ったことで

自分自身の勉強不足を反省しつつ、本をむさぼるように

読む先生の姿を想像し、心が明るんだのである。


閲覧数:30回0件のコメント

最新記事

すべて表示

柔軟な研究生活を送ろう

ここのところ、日本の大学院に進学を希望する 外国人学生が増えている。 実際に大学院で博士課程を修了した身としても、 専門性が絞られ、高度な学びをおこなえる大学院 は、大学以上に、留学としては意義あるものと 考えられる。 日本国内での大学院進学率は、依然高くないが、 優秀な外国人学生が増えることで、全体のレベル アップが図れるなら、本来の少数精鋭的なあり方 が保たれるのではないだろうか。 さて、大学

コメント


bottom of page