• 日本語空間

コンテクストの中で考える

ゴールデンウィークも明日で終わる。

新年度は4月からだが、実際、どこでも本格的に学業や

仕事が開始されるのは、連休明けからだろう。


緊張と期待の入り混じるシーズンでもある。


昨晩も、課題にしてあった短い論述を、授業の中で添削

しながら解説をおこなった。

ゆくゆくは、長い論述ができるようになることが目標だが、

気負い過ぎて書けなくならないよう、まずは短い文章から

始めるのが良いと確信している。


学習者自身が書いた文章なので、本人にとってリアルだし、

文脈の中で語の使い方を学ぶことにより、定着が確実となる。


ことばは、(名詞などを除いては)1:1対応で完全に

説明することなどできない。

いうまでもなく、同じことばでも、文脈により使われ方が

異なってくるからだ。


それを意識することは基本的に重要で、続けてリファレンス

を増やしていくことが求められる。


最後に、逆質問というか、書かれた文章について、こちら

から尋ねることなどもする。

こうして、柔軟にカスタマイズされたその人だけのための

授業ができあがる


さて、ゴールデンウィークにはほとんど関係がない私は、

かえって雑事に追われ、ここ数日身動きが取れなかった。


ブログを書かなければ、本を読まなければ、と焦っていたが、

今日になり少し余裕ができた。

午前中は、以前に斜め読みしたアンソニー・グラフトンの

著書を再読。


自分自身の専攻とは異なるが、やはり示唆に富む一冊と

感じさせられる。

久しぶりで、ゆっくり活字に触れ、滞っていた「気」が、

再び循環しはじめたようだ。

しばらくの間、あまりかまってもらえず機嫌を損ねていた猫は、 今、膝の上で勝手に寝ている。 午後3時ちょうど、港町の事務所に、船の汽笛が響いてきた。


閲覧数:31回0件のコメント