• 日本語空間

サクラサク

3月1日は、昨年末から大学院入試対策をおこなってきた

社会人の方の合格発表の日でした。


結果を、今か今かと待ちわびていましたが、夕方にメール

が入り、めでたく「合格」の知らせが!!

一足早く、桜の花が咲いたようです。


大学、大学院の入試対策は、各人の専攻や試験形式、どれ

くらい時間をかけるかにより、指導方法が異なります。


「日本語空間」は、サバイバル的状況に強いことを謳って

いますが、特に今回は、超短期集中でみごと結果を出し、

記録を更新しました。


ただし、最初にカウンセリングをおこなったときの手応えで、

おそらく合格を狙えるだろうと推測していたのです。

特に、大学院入試の場合、受験者自身に明確なビジョンが あるかどうかが大きなポイントになりますが、今回は、 その点をクリアしていたため、すみやかに準備を進めること ができました。


簡単に流れを追うと、

・12月の中旬にカウンセリング後、同月下旬から、

授業をスタート。

・1月は、ブレインストーミングをおこないながら、

志望理由書と研究計画書の内容を検討。

→その間、研究テーマを設定し、研究方法を模索。

参考文献をピックアップし、適宜スキミングと

スキャニングをしながら、要点を書き出す。

・1月末に、以上の作業を反映させた志望理由書と

研究計画書を、いったん学習者の方にまとめてもらい、

私が添削。

・それを再び、検討しながら、面接対策をおこなう。

つまり、授業に集中したのは、ほぼ一か月!!


コロナの感染拡大以降、入学試験に、筆記試験を課さない

大学院も出てきました。

今回はその方式で、1次が書類審査、2次が口述試験でした。


筆記試験がないと、一見簡単と思われるかもしれませんが、

その分、何を聞かれても答えられねばならず、

「自分のことばで話す」ことが求められます。


それを想定してのカリキュラムでしたが、昨日、学習者の方から

「ブレインストーミングがすごく役に立って答えられたと思い

ます」とのコメントをもらい、私自身、よろこびをあらたに

しました…!


「日本語空間」では、できれば今回入学試験に合格したいが、 あるいは、論文審査にパスしたいが、どう考えても「時間切れ」 ではないか、というような超がつくほどサバイバル的ケースにも、 可能な限り対応し、ソリューションを提供したいと願っています。


そうして、あたらしい桜の花を次々に咲かせていきましょう!

苦難の時代であるからこそ、前を向き歩んでいくひとすべてに、 幸多かれと祈ってやみません。

  かの地に桜咲く春は訪れるのか…

閲覧数:33回0件のコメント