• 日本語空間

シャッター街(がい)

2日前、「大阪の地下街がシャッター街に」という新聞の記事を

読んだ。

梅田駅構内に並ぶ店舗を指しているようだが、それでも一部には、

客が見え、足音が響いているという。


「シャッター街」は、衰退し、シャッターを下ろしている店が多い

商店街を指す。

それは、1980年代以降、顕著となった都市問題の一つである。


この見出しでは、決定的にそうなってしまったのか、一時的に

そのようになっているのか判然としないが、現実には、コロナ禍

による後者の例なのだろう。


一方で、全国版の新聞が取り上げることなどしない、地元の行政にも

忘れ去られたような商店街が、事務所の近くにある。

これぞシャッター街、というほかない状態となっている。


立地的に、駅から離れており、さしたる観光名所もなく、高台に

あることから、居住区の外から足を運ぶ人はもともといなかった。

「中途半端に古い」といったら失礼かもしれないけれど…

たとえば、大正っぽければ、後ろに「ロマン」とでもつきそうなものを、

もっと後の時代である昭和感にあふれていて。


手書きの広告が、あちこちに見受けられ、昼間からポップスなどでなく、

なぜか童謡を流しているのもユニークだった。

♪迷子の迷子の子猫ちゃん~…


どこか遠くで響いていたようなあの歌声も、今では聞こえない。


コロナ禍により奪われた労働の補償を! との訴えに対する答えは、

企業やビジネスパーソンなど、可視化されやすい存在には、届く

かもしれない。


しかし、ここでは、そのような訴えの声すら聞こえてこないようだ。


先日、めずらしく開いていたリサイクルショップで、急用でもない

小さい品を買った。

店主は、高齢の女性で、マスクを外した顔は日焼けして、お金を

受け取る手もしわだらけだった。


年金はもらっているのかもしれないが、収入は、おそらく1日数百円

かゼロかという商売をしているなんて、気が遠くなりそうだけれど…

それでも、「労働」という意味において、見捨てられてよいもの

ではありえない。


本当は、スーパーの方が、割安だし、カード払い可なので便利に

決まっている。

それでも、ここに来て、買えるものにはできるだけ、現金を使おうと

思わされたのだった。



5回の閲覧0件のコメント