top of page
  • 日本語空間

ノンバーバルコミュニケーション

コロナ発生後、対面での仕事がほぼなくなり、

事務所にいる時間が増えたことがきっかけで、

ちょうど事務所の裏庭で生まれた猫とよく

顔を合わすようになったのが、2年半前。


母猫がどこかへ消えてしまい、毎日えさを

もらいにきていた猫が、帰りたがらなくなった

のを保護してから2年が経つ。


野性味あふれていた子猫は、すっかり家猫

らしくなったが、今でも庭に野鳥などが来ると、

「kekeke…」とクラッキングをするのは、

その名残りだ。


機嫌がいいときは、喉をゴロゴロ鳴らし、

お腹がすいている時は、体を逆方向にして、

しっぽを私のスリッパに乗せる。


仕事が繁忙期の今は、あまりかまってもらえ

ないものだから、不満がたまっているようで、

リボンを口にくわえて持ってきて「遊んで」と

アピールする。


しかし論文に向かっている時は、集中しないと

進められないので、心の中で謝りながら、

いなしている。


猫を飼ったことなどなく、成り行きで一緒に

生活するようになったが、最初は不慣れだった

のに、段々と意思疎通が図れるようになって

きた。


年末年始も、たぶん仕事をしているのだろう

が、それが一段落したら、何も計画を立てない

日をつくり、終日を猫と過ごそう。


     2歳半になりました…

閲覧数:35回0件のコメント

最新記事

すべて表示

卒論の最終仕上げや口頭試問の対策に追われながら、 運動不足解消と気分転換を兼ね、散歩に出かける。 「冬来たりなば春遠からじ」のことば通り、冬で あっても、周囲をよく見ると春の気配は、そこここに うかがえる。 昨年末には、桜が蕾(つぼみ)をつけているのを 見かけたし、芳香が漂っているのでキョロキョロすると 水仙の花が群生しているのに出くわしたりする。 都市に住んでいても、このようにささやかな自然と

bottom of page