• 日本語空間

ハード・アカデミズムーー「知」の核となるものーー

直球すぎる問いだが、あらためて、大学、大学院は、いかに

あるべきか――?


先に結論を書けば、「ハード・アカデミズム」なしに、それは

存在しえない。


一見、ソフト・アカデミズムだけでも、アカデミズムは成立する

ように感じられる。

しかし、前者を下支えし、活性化するものこそ、ハード・アカデ

ミズムなのだ。


このような問題を、アカデミックな機関で、真っ向から議論した

経験自体ないことを、今さらながらいぶかしく思う。


長らく、もやもやしていたアカデミズムへの疑義に対し、

高山博氏の『ハード・アカデミズムの時代』は、示唆を与えて

くれた(すでに20年以上も前の著書だけれど…)。


あらためて説明すれば、ソフト・アカデミズムは、基本的に知の

伝承を目的としており、すでに誰かが作り出した知を、わかり

やすく効率的に伝えることを目指している。


対照的に、ハード・アカデミズムは、まだ誰にもなしえていない

「あたらしい知を創造する行為」といえる。


私自身、大学までの勉強が、おもしろく感じられなかったのに、

大学院に入ってから、世界が変わったように能動的に研究に取り

組めたのは、上述した二つのアカデミズムとの関わりがある、と

考えられる。


大学はソフト・アカデミズムの比重が高く、大学院は、ハード・

アカデミズムの比重が高い、とは語弊があるかもしれないが、

おおまかな把握としては妥当だ。


どの方角から攻められてもびくともしない、100%破綻のない理論

を、一学生が、いきなり生み出せるはずもない。


だが、しかし、多少のほころびはあっても、他者の見落としてきた

テーマを何とか理論化したとき、高い称賛が与えられるものだ。


たとえ地位や名声に、直接かかわるものでなくとも。

否、功利的な何かを最終目的とするのではないからこそ、ハード・

アカデミズムと関わることには、他では得難いよろこびが伴う。


そして、それこそが、教員、学生などといった肩書きを超え、

一学徒として「研究に資する」ことなのだろう。
















アルベルティ「サンタマリアノヴェッラ大聖堂」

2回の閲覧0件のコメント