top of page
  • 日本語空間

フレキシビリティ

早いもので、このブログを開始してから、今日でちょうど2か月が経ち

ました。


ブログを書くこと自体、初めてだったので、最初は、何をどう書くか

手探りの日々でした。

並行して、投稿論文を執筆していましたが、難しかったのはブログの

ほうです。


何より大きな相違は、論文は、審査員が読むものと決まっているけれど、

ブログは、どなたが読んでいるかわからない、という点…


まるで自分自身の影と格闘するように? 舞台裏では、書いたり消したり

しつつ、内容を吟味しています。


そして今日、時を同じくして、緊急事態宣言が解除されました。


長いようで、実際には、予想よりも短い自粛期間だったといえます。

しかし、この「解除」は、単にある事態の解除にはとどまらないのでは

ないでしょうか。

つまり、それ以前と以後では、私たちのものの見方も、大きく変化した

と思います…


この2か月間、いろいろな問い合わせがあり、実際にその中からいくつか

のレッスンがスタートしました。

内容はすべて異なりますが、困難な状況にあっても、ペースをくずそうと

しない皆さんの態度は同じです。

私自身、深い敬意をおぼえながら、同時に身が引き締まる思いで、仕事

に向かっています。


そもそも、人生にゼロリスクなんてない!

フレキシブルに、「知」を資本として、立ちはだかる壁を乗り越えましょう。

今日も、ここを訪れてくださり、どうもありがとうございました。











       夜の船着き場   

        2020.5.24


閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「書く」ということ

諸々の事情で、身体に限界がきて、活動休止を余儀なく されることとなった。 顔の神経が何かおかしいと思ったら、舌が動かず、 いわゆる呂律が回らない状態になっていた。 奇妙な偶然というべきか… 少し前に亡くなった恩師は、出会った時すでに全盲に 近く、長年眼そのものが悪いと思っていたのが、全身の 神経疾患による病と判明し、最後は口も利けなくなって いたのである。 私の症状については、まだ原因が不明だが、

Comments


bottom of page