• 日本語空間

ブレインストーミングをおこなう理由

日本の大学院に進学したいが、何から手をつけていいか

わからない、という外国人の方は多いと思われます。


便宜的な問題もありますが、あえて逆算し、最も重要な点

を挙げれば、それは研究にあたり、自分自身のテーマを

持っているかということになります。


テーマ? どうしよう…と焦るかもしれませんが、どうか

安心してください。

確固としたテーマが最初からあり、その上で、自信を持ち

入学試験に臨む人は、全体の半分にも満たないでしょう。


そこで、『日本語空間』でおこなっているのが、ブレイン

ストーミングです。


この方法を用いることにより、学習者の過去・現在・未来を

つなげ、新規性のある、それゆえ審査員にアピールする研究

テーマを設定することが可能となります。


ブレインストーミングでは、あえて要素を「限定」せず、

頭に隙間を作り、脳内を活性化させるため、柔軟な発想を

おこなうことができます。

快感をおぼえるほど自由にことばを交わしていくので、苦手

意識を軽減しながら、自身のことばを定着させられるのが

最大のメリットです。


大学までのように暗記や〇×方式、つまりは1対1対応での

あらかじめ決まった「正解」は、大学院では不要です。

そうではなく、自由度と創造性の高い「知」の世界へ、一歩

を踏み出してみませんか?


閲覧数:38回0件のコメント