top of page
  • 日本語空間

ルビコン川を渡る?

今では当然のように受容されているシステムの中にも、

登場当時は、賛否両論を生んだものがあった。

最初は警戒心を抱いたとしても、利便性が優先される

うち、それなしではいられなくなる。


ChatGPTが注目を集めるこの日頃、東京大学の副学長

が、すでにわれわれは「ルビコン川を渡ってしまった」

のかもしれないと、HPに注意を喚起する文章を書いて

話題を呼んだ。


対照的にマルクス・ガブリエルは、 ChatGPTを「落書き」

と形容した。

つまり、ターゲットシステムとモデルのようなものだと。

このクールな突き放し方のほうが、より共感しやすい。


AIは自律した知性ではないのだから、そのように語るべき

ではなく、AIが知能をモデル化することで、私たちの

思考プロセスに干渉しているかを議論すべきなのだ。


デジタル環境にどっぷり浸かっていると、人間に備わった

有機的な感覚が麻痺してくるようにも思われる。

デジタルを駆使しているようでいて、どこかに劣化(退化)

が生じているなら、そのような慣性は戒めたい。


デジタルに限ったことではなく、要は、対象との距離を

いかに図るかなのだろう。 ※「ルビコン川を渡る」ユリウス・カエサルが大軍を率いて この川を渡った故事にちなむ。 もう後には引き返せないという意味。


閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示

リファレンスは足りているか?

先週から今週にかけて、読まねばならない本が山積 していて、ブログの更新が遅れてしまった… 読まねばならないと書いたが、学位論文や投稿論文、 研究計画書のサポートをする際、学習者の方と共に 相当量の読書をこなす。 Pdf形式の論文にも目を通すが、大学院レベルとも なれば、やはり書籍がメインとなる。 初めて本格的な論文執筆に取り組む場合、「書く」 方にばかり意識が行ってしまうかもしれないが、 実は、そ

bottom of page