• 日本語空間

レトロモダンー袴にブーツでー



今日、臨海地区を歩いていたら、大学の卒業式に向かう

学生たちの群れを目にしました。


卒業式の服装は、基本的に規定がありません。


しかし、男子は全員スーツ姿。

女子は、これまた全員がレトロモダンともいうべき袴姿

(はかますがた)で。

純和風の着物姿は見当たりませんでした。


中でも、足元が草履(ぞうり)でなく、ブーツなのが、

和+洋でおしゃれな感じ。


戦前の女子学生を参照しているのがわかります。


平安時代に、一定以上の身分の女性が身に着けていた袴が、

あらたに復活するのは、近代に入ってからです。


女子に対する高等教育がはじまり、着やすさの問題を考慮し、

当初は、男子向けの袴を身に着けることが許可されました。


ところが、現在と異なり、いわばジェンダーの規範を揺るがす

服装は、男性の領域を侵犯するとも受け取られ、そのような

身なりで自由に行動する女子には、批判が集中したのです。


そのため、当時の袴姿には、どこか硬派な気質が込められて

いましたが、現在は、心おきなくおしゃれできるためか、

凛々しさよりも華やかさが全開のようですね。


それにしても、色々な時代のなかで、参照され続ける近代の

この時期は、旧くてあたらしい魅力をとどめているといえま

しょう。



















 読売新聞に掲載された小説「魔風恋風

 (まかぜこいかぜ)」(1903年)


 いわゆる才色兼備(さいしょくけんび)の

 主人公は、悲劇的な結末をたどる。

 「あたらしい女性」は罰せられねばなら

 ないという教訓…!

 すでに幕末、坂本龍馬は袴にブーツを

 合わせていたのに。

7回の閲覧0件のコメント