• 日本語空間

万物流転(ばんぶつるてん)

しばらくぶりでブログの更新をします。


うっとうしい天気が続きますが、皆さん、お元気で

お過ごしですか?


東京では、いったん収束したコロナがまた発生し、

ふたたび緊張感が高まっていますね。


学校や会社、各地域では、警戒を怠らぬよう対策を

講じていますが、一方で、日常はだいぶ活性化

しているようです。


『日本語空間』も、6月から問い合わせが増え、

学習者の数が多くなりました。

毎日、24時間が飛ぶように過ぎていきます(汗)!


今日は、オフの時間、駅構内にできたあたらしい

施設を見学。

テナントには、他の場所で見たことのないブランド

が数多く入っており、差異化の意図がうかがえ…

瀟洒な空間にはモノとひとがあふれていました。


上階にある無国籍的なバーやレストランは、以前

訪れた香港の蘭桂坊(ランカイフォン)を思い起こ

させ…一瞬、「非―場所」的な眩暈を誘ったのです。


このような連想は、現在、苦悩しながら民主の灯を

消さぬよう闘い続けている彼の地に対しては、

不謹慎かもしれませんが。

私は、清廉なだけでなく、したたかにエネルギッシュ

な香港が好きでした。


しかし、それでは、何をなすべきか?――


ここ港町も、江戸のような都市計画に基づき造成

されたのではなく、臨海地域を中心に、事物がつど

生成するごとくできあがった場所です。


香港に比してはスケールが小さいですが、近代から

ソトへと向かい開かれた街をよぎりながら、

panta rheiの想いをつよくします。










    黒船(くろふね)キタ!

8回の閲覧