• 日本語空間

上級になればなるほど

いささか唐突ですが、添削に時間がかかるのは、どのような

日本語の文章だと思われますか?


答えは、ネイティブレベルに近い外国人学習者の文章です。


なぜなら、明らかな間違いが(×)がない代わり、微妙に

不自然な表現(△)が混じっているからです。

一見すると、正しいようでありながら、違和感も残る・・・

それが何なのか、洗い出すまでには、何度も繰り返して文章

を読まねばなりません。


この3日間、対面授業の合間に、日本の大学に在学する留学生

の卒業論文の添削をおこなっていました。

それが、上述したような相当こなれた日本語の文章です。


以前に何度か書きましたが、校正や添削という「見直し作業」

の鉄則は、

1.文章をPCの画面上でなくプリントアウトして読むこと。

2.声に出して読むこと(誰かに聞いてもらうとなお良い)。

3.時間を置いて読むこと。

です。


それは、取りも直さず、書かれた文章から距離を置き、客観的

な視点を設ける態度に他なりません。


長い文章を書いた経験がない人には、実感が湧かないかもしれま せんが、このような作業を根気強く繰り返すことで、文章の精度 が格段に上がるのです。 論術のテーマ(何)がたいせつなのは、いうまでもありません

が、それを容れる表現(どう)により、見え方も大きく異なって

きます。

すなわち両者は、分かちがたく結びついているのです。

『日本語空間』に、卒業論文の添削を依頼してくる学習者の ほとんどは、自分一人で論文を完成させても、日本語自体は パスが可能なレベルです。 それでも指導を求めてくるのは、日本語の正確さにとどまらず、 論理性や構成、修辞といった論文の要まで意識しているから。 上級になればなるほど、希望は高く、そのことによって、卒業後 にも「使い物」になる日本語とロジカルシンキングを鍛えつつ、 羽ばたいていこうとするのは、頼もしい限りと感じています。


閲覧数:32回0件のコメント

最新記事

すべて表示

出会いがあれば別れがある。 それは、理(ことわり)なのに、 一抹の寂しさを拭うことができない。 『日本語空間』がスタートしてから、 今までいちばん長く(2年半!)学習 を続けた方が、今月中旬に国へ帰る。 毎週日曜日の晩、PCの画面で顔を 合わせながら、実際にお会いする機会 は一度もなかった。 それでも、何の問題もなく、最後まで 円滑に授業を進められたのは何よりだ。 帰国後は、日本語を使う頻度が減る