• 日本語空間

世相を映すことば

先週、2020年度の「流行語大賞」が発表されました。


大賞は「3密」で、受賞者は、小池百合子都知事。

危機の中でも、ことば遊び的な吸引力があり、一定の

効果を発揮したため、妥当なのではないかと思われます。


以下、トップ10に

2「愛の不時着」

3「あつ森(集まれ動物の森)」

4「アベノマスク」

5「アマビエ」

6「オンライン○○」

7「鬼滅の刃」

8「Go Toキャンペーン」

9「ソロキャンプ」

10「フワちゃん」


2は、韓国ドラマのタイトルですが、韓流もすでに第4次

となり、依然、人気は衰えを見せません。

4のマスクには、ありがた味があまり感じられなかったような…

5は、江戸時代に、疫病を防ぐ予言をしたという妖怪の名前。↓
















    長髪に鳥のようなくちばし、

    うろこのある胴体、

    毛むくじゃらの3本足が特徴

    で、「瓦版」(新聞の前身)に、

    目撃情報が寄せられた。

    「ゆるキャラ」の系譜…?


6の「オンライン○○」は、「東北新社」による造語とは、

初めて知りました。

3(任天堂のゲーム)や7(漫画)からは、日本のソフト

パワーが、未だ健在なりともいえる?

9の「ソロキャンプ」は、芸人のヒロシさんが先駆者らしく、

彼はそのために「山を買った」といいます。

パンデミックが発生しなかったとしても、「個」の時代は、

すでに潮流となっていましたが。

→「お一人様」や「個食(孤食)」等…

創意工夫して楽しむ姿勢は、他の分野でもみられそうで、

あたらしい文化として興味深く感じています。

8回の閲覧0件のコメント