top of page
  • 日本語空間

中学入試から「世界」を見る

電車に乗ると、各種の広告を目にします。 そこに躍るさまざまなことばは、世界の転変を映している ようで、つい見入ってしまいます。 いちばんのお気に入りは、某予備校の広告で、中学校の入試 問題が抜き書きされているもの。 “シカクいアタマをマルくする”のキャッチコピーが、効いて いる。 先日、下記のような問題を見つけ「ほほう」と。 わずか一駅分の乗車時間だったので、あわててスマホで写真 を撮っていました。 2020年度、私立中学校の入試問題です。

小学校の6年間を終えた子どもの解答が見てみたい、と思います。 さて、あなただったら、どう論述するでしょうか?

閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示

柔軟な研究生活を送ろう

ここのところ、日本の大学院に進学を希望する 外国人学生が増えている。 実際に大学院で博士課程を修了した身としても、 専門性が絞られ、高度な学びをおこなえる大学院 は、大学以上に、留学としては意義あるものと 考えられる。 日本国内での大学院進学率は、依然高くないが、 優秀な外国人学生が増えることで、全体のレベル アップが図れるなら、本来の少数精鋭的なあり方 が保たれるのではないだろうか。 さて、大学

コメント


bottom of page