top of page
  • 日本語空間

中学入試から「世界」を見る

電車に乗ると、各種の広告を目にします。 そこに躍るさまざまなことばは、世界の転変を映している ようで、つい見入ってしまいます。 いちばんのお気に入りは、某予備校の広告で、中学校の入試 問題が抜き書きされているもの。 “シカクいアタマをマルくする”のキャッチコピーが、効いて いる。 先日、下記のような問題を見つけ「ほほう」と。 わずか一駅分の乗車時間だったので、あわててスマホで写真 を撮っていました。 2020年度、私立中学校の入試問題です。

小学校の6年間を終えた子どもの解答が見てみたい、と思います。 さて、あなただったら、どう論述するでしょうか?

閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

リファレンスは足りているか?

先週から今週にかけて、読まねばならない本が山積 していて、ブログの更新が遅れてしまった… 読まねばならないと書いたが、学位論文や投稿論文、 研究計画書のサポートをする際、学習者の方と共に 相当量の読書をこなす。 Pdf形式の論文にも目を通すが、大学院レベルとも なれば、やはり書籍がメインとなる。 初めて本格的な論文執筆に取り組む場合、「書く」 方にばかり意識が行ってしまうかもしれないが、 実は、そ

bottom of page