• 日本語空間

中学入試から「世界」を見る

電車に乗ると、各種の広告を目にします。 そこに躍るさまざまなことばは、世界の転変を映している ようで、つい見入ってしまいます。 いちばんのお気に入りは、某予備校の広告で、中学校の入試 問題が抜き書きされているもの。 “シカクいアタマをマルくする”のキャッチコピーが、効いて いる。 先日、下記のような問題を見つけ「ほほう」と。 わずか一駅分の乗車時間だったので、あわててスマホで写真 を撮っていました。 2020年度、私立中学校の入試問題です。

小学校の6年間を終えた子どもの解答が見てみたい、と思います。 さて、あなただったら、どう論述するでしょうか?

14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ニューノーマルがもたらしたもの

4日前、投稿論文が審査を通ったとの通知を受け、 最終の校正をおこない、昨日、完成した原稿を 先方に送りました。 3日間かけ、慎重に見直しをしましたが、3万字強の 長さで、他人には一切チェックをしてもらって いないため、神経を削りはしました。 ようやく今、晴れやかな気持ちで、次の論文の構想 を練っています。 コロナ禍は、字義通り、多くの災「禍」をもたらし ました。 一方で、それが切り替えさせ