• 日本語空間

交わらない視線

慌ただしい日々のなか、屋内にこもりっぱなしにならぬ

よう、せめて1時間でも外を歩くことを心がけています。


ただ健康のためというより、街や風景を眺めることは、

このうえなく興味深く。


槇文彦氏は、良書『漂うモダニズム』のなかで

「都市とは基本的に、人間一人一人の孤独を守る場所なの

ではないか」と語ります。


そこで引用されているのが、スーラの『グランド・

ジャッド島の午後』(1884-1886)。

一見すると、19世紀の平和なブルジョワ家族たちのようす

でありながら、ひとびとは(犬も猫も含め)誰ひとり互い

をみたり、一か所に視線を集中させたりしていない…と。


1928年の東京に生まれ、近代の空気を肌で知る槇氏なら

ではの観察眼といえるでしょう。








9回の閲覧