• 日本語空間

人気(ひとけ)を頼って

町空のつばくらめのみ新しや 中村草田男(なかむらくさたお)*











先日、事務所の近くにある商店街が、シャッター街化

してしまったと書きました。


唯一のドラッグストアも、気がつけば閉店しており…


日用雑貨は、毎日でも売れそうなのに、人々は少し

離れた量販店でまとめ買いをするのでしょうか。


昨年、そのドラッグストアの防犯カメラの上に、燕が

作った巣の写真を、ブログに載せました。

巣立ち間近で、丸々と肥えた雛の姿も。


自動ドアの真上にある防犯カメラは、人の出入りが

多いため、子育てには不向きなようですが、人の気配

があることで、カラスなどの天敵に狙われづらいのだ、と。


今日、周辺を歩いていたら、そこではなく、少し離れた

駐車場に、親燕が巣を作りはじめていました。


やはり、シャッターの閉まったドラッグストアは、

適所でないと判断したのですね。


直接、人間と交流はなくとも、その気配を頼り、街中に

ひとときの宿りをする燕。


もう少ししたら、えさを求めてにぎやかに鳴く雛たちの

姿が見えるでしょう。


*中村草田男は、近現代を代表する俳人。

 解釈:いつもと変わらない街の空に、燕だけが、新しく

    飛来した。

「つばくらめ」は燕の別称。

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

毀誉褒貶(きよほうへん)

アカデミックジャパニーズにおいて、使いこなせるようにしたい 一つが漢語。 漢語は、基本の単位が2文字から成り、2文字×2で、しばしば 4字熟語としても使われます。 この4字熟語、いつから学び始めたのか記憶になかったので、 調べたところ、初出は小学4年生でした。 教科書によって、提出順は異なるようですが、小学4年生から 6年生の間に学習する漢語に、 ・異口同音(いくどうおん) ・一念発起(いちねんほ