• 日本語空間

今年一番の朗報!

ニューノーマルが、少しずつ定着しつつも、未だコロナに日常

生活を阻まれる中、2021年も、すでに半分が過ぎ去りました!


年初は、社会人からの大学院進学に関する問い合わせが続き、

新しい流れを実感しましたね。


元からの学習者の方も、明確な目標を持ち、オンライン授業を

続けていましたが、春になり、定期試験のレポート指導で、新規

の学習者が入ってきました。


そして昨日、「日本語空間」が、学校選びから志望理由、研究計画書

作成までのサポートをした学習者が、大学院の修士課程に合格‼

秋から、研究生活をスタートします。


新しい流れ、と書きましたが、この方も社会人学生。

日本で会社を経営するご両親を手伝いながら、将来の起業を目指して

います。


入学試験では、社会人経験の実績(プロフェッショナル性)が、高く

評価されましたが、論述の経験は、日本語では無論、母語でもあまり

ないとのこと。


しかし、基本的に、必修単位取得だけでなく、修士論文を書き上げ

ないと卒業はできません。


それでも、ご本人は、せっかく得たチャンスなので

「修論、死ぬ気で書きます!」と言っていて、頼もしい限りです。


どんよりした梅雨空に、明るい光が差し込んできました。



スポーツを通し、科学技術に

触れる「エコシステム」を

作ろうとしている

Seiji Hirosawaさんの

HPより


https://sports-analytics-dr.net/shakaijin-daigakuin/


15回の閲覧0件のコメント