• 日本語空間

共にある読書

「本が読めるようになりたくて」。

現在レッスンを受けている学習者の方から、

受けた相談です。


文章力があるので、さぞかしたくさんの本を

読んできたのだろうと考えましたが、自国で

読書はあまりしてこなかったと聞き、意外でした。


理系の方ですが、絵を描くのが趣味ということ

で、ものを観察する視点が備わっているのでは

ないかと感じています。


本が読めるようになりたい、との希望は、

一読しても内容が頭に残らないのでどうしたら

いいか、というもの。


初歩的なアドバイスですが、本がきれいなまま

だったので、傍線と書き込みをおこなうよう

伝えました。


そして専門分野に関わる新書を、少しずつ読み

進め、項ごとにまとめる、わかりにくい箇所に

ついては質問する、という繰り返しをおこなう

ことにしました。


その後、要点をまとめるうち、自分自身が内容

を「わかっていなかったことがわかった」と、

清々しく伝えられました。


日本語特有の膠着的な複文や、省略に、文脈を

阻まれながらも、それゆえに良い練習となって

いるようです。


清々しいことばを胸に留め、私もより良いレッスン

をおこないたいと、あらためて思わずにはいられ

ません。












事務所のベランダから眺める見事な入道雲。

ゆく夏の名残り。


6回の閲覧