top of page
  • 日本語空間

再デッサンをいとわない

論文を書き出す前には、必ずデッサン! 書き出したのち

にも停滞していると感じたら、面倒がらずに再デッサンを

おこないます。


今晩は、就職活動で、卒業論文の執筆をいったん休んで

いた学習者の方と、1か月ぶりにスカイプでお話しする

ことができました。


初めて原稿を見せてもらった時には、章立てが完成して

おり、本文も3分の1くらいは書けていました。

着眼点はよく、テーマの新規性もあり、言いたいことは

わかるのですが、書きなれていないため、内容が整理されて

いない点、「展開」がなくフラットな点が気になったので、

まずはブレインストーミングをおこないました。


その後も、何度か話し合いを重ねるうち、全体像は固まって

きましたが、前回の授業を受け、私が章立てを再デッサン

したものを叩き台に、今日は全体の輪郭を太くしていき

ました。


「何」を書くかと同じくらい、「どう」書くかが重要と

いう点では、論文は絵画にも似ていますし、立体性を

意識するという点では、建築に通じるものがあります。


単に、日本語の文法や文字語彙の正確さにとどまらず、

こういった点を意識できるかどうかが、論文の完成度に

関わってくるのです。


ただし、建築では、着工する前の段階で設計図を完璧

にしてあり、つくったものを部分的にではあれ、一々

壊すことはありませんね。


手書きよりワープロの方が、良い文章を書けるとは、

断言できませんが、書いては消し、書いては消しという

作業がおこなえる後者の方が、再デッサンをしやすいの

は幸い。


手間がかかっても、その分こだわりぬき、愛着を持てる

論文の完成を目指していきましょう!


閲覧数:31回0件のコメント

最新記事

すべて表示

柔軟な研究生活を送ろう

ここのところ、日本の大学院に進学を希望する 外国人学生が増えている。 実際に大学院で博士課程を修了した身としても、 専門性が絞られ、高度な学びをおこなえる大学院 は、大学以上に、留学としては意義あるものと 考えられる。 日本国内での大学院進学率は、依然高くないが、 優秀な外国人学生が増えることで、全体のレベル アップが図れるなら、本来の少数精鋭的なあり方 が保たれるのではないだろうか。 さて、大学

Comentarios


bottom of page