• 日本語空間

分断か多様性か

前首相の葬儀を国葬にするという政府の決定に対し、国民や

野党から、反発の声が上がっている。


情報化社会に身を置くと、それ以前のことが、リアルに感じ

られないほどだが、情報の渦に流されそうになっても、客観的

な判断力を持つよう努めたいものだ。


議論に不慣れな日本人には、意見が真っ二つに割れたりする

と、「分断」と言い騒ぎ立てる傾向がある。


だが、全員の意見が一致しさえすればよいというものでなく、

意見が異なっていても、それが分断とは限らない。

むしろ、異同の中にもグラデーションがあることを心に留める

べきだろう。


多様性、ダイバーシティ(漢語かカタカナ語の違いにすぎないが)

と唱えながら、無理やりひとつにまとめようと働きかける意志は、

反動めいている。


post-truthの語が叫ばれて久しいが、言説に屈しない人間の努力

により「現実」が明るみに出てきている今日であるからこそ、

他に流されない一人一人の思考能力が問われているのだろう。


    アントニオ・マンチーニ     『小さな神学生』(1872)

閲覧数:27回0件のコメント