top of page
  • 日本語空間

受験戦線異状あり?

今日のレッスンでは、昨日の大学入試に関する熱い!

報告を聞くことができました。


受験者にとって、昨年より解きやすい問題だった

のは幸いというべきで、詳細に尋ねたところ、1時間

という制限時間内で、相当に健闘したことが再確認

されました。


面接も、準備した質問がすべて出されたため、

答えに詰まらず、あらかじめ提出した志望理由に沿い

印象的なアピールができたようです。

面接官の先生も、うなづきながら聞いてくださった

そうで、好感触ですね。


しかし! コロナ禍による不透明な先行きを反映してか、

受験者は、昨年の数倍に上ったようです。


きれいごとでなく本音でお話しすれば、すべり止めと

しての受験校が、総体的に増えるのではないかと想像

されます。


その学習者の方は、あまりにも他の受験者が多かった

ため、かえって発奮し、これまでの力の100%以上を

出し切ったらしい。


おまけに、受験前の最後のレッスンで勉強した表現を

論述に書き込めたとのこと。

何と勝負強いではありませんか。


受験戦線異状あり!

勝負の行方から目が離せません。

すべての受験生の皆さん、危機を好機に変え、全力を

尽くすべし。












「しもたや」(かつて商売をしていた家)

なのか? 今日は休みなだけで営業している

店なのか?

イラストも味わい深いレトロな青果店を、

散策の途中で見つけました。

閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

柔軟な研究生活を送ろう

ここのところ、日本の大学院に進学を希望する 外国人学生が増えている。 実際に大学院で博士課程を修了した身としても、 専門性が絞られ、高度な学びをおこなえる大学院 は、大学以上に、留学としては意義あるものと 考えられる。 日本国内での大学院進学率は、依然高くないが、 優秀な外国人学生が増えることで、全体のレベル アップが図れるなら、本来の少数精鋭的なあり方 が保たれるのではないだろうか。 さて、大学

Comments


bottom of page