• 日本語空間

4分の1年の成果

早いもので今年も4分の1が過ぎました。


そこで、過去3か月を振り返っての成果を

記します。


一つ目は、過去に大学の卒業論文をサポート

した留学生の転職を、再びサポートして成功

させたことです(履歴書、メールの書き方、

面接の練習、発音の矯正等を指導しました)。


二つ目は、修士論文のサポートをおこなった

留学生(国立大学大学院)の当該論文が、

優秀賞を受賞したことです。


そして三つ目。

私自身が外国に投稿した論文が、査読をパス

して活字化の運びとなりました。


一つ目と二つ目では、学習者がポテンシャル

を発揮して目標を達成したことを、何より

うれしく思っています。


三つ目に関しては、私の執筆した論文が、単に

自身の業績となるにとどまらず、日本から外の

世界への「発信」につながることを希望しています。


今のような時節であるからこそ、自分が成し

たいことだけではなく外から求められていること

を、常に意識しながら前進したいものです。


さあ、今年のあと四分の三も、はりきって結果

を出していきましょう!


事務所近くのカトリック教会

12回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

縁は異(い)なもの

一昨年、卒業論文のサポートを依頼してきた元留学生が、 先週の土曜日に結婚式を挙げました。 卒業と結婚がほぼ同時とは、珍しいこと… しかし、そこに至るまでは、単調ではないドラマがあった のです。 最初、彼女は添削を希望していて、あまり完璧に直しすぎ ない方がいい、といわれたので、そのつもりでいました。 理由は、ゼミの先生にも直してもらう「余地」を残して おきたいから、と。 しかし、年末になってもいっ