• 日本語空間

境界を越えて

仕事の合間に、事務所の窓を通し、冬の太陽が射す庭を

眺めていると、パンデミックで世界が混乱していることが

ふと夢のように思われる。

フェンスと芝生と、はえかけたわずかな雑草からなる世界

―ひとのいない―は、しんと静まり返っている。


ポストヒューマン的状況にあり、そのような場所から、

「人間的尺度を超えた時空」に想像を巡らせる。

それは、オカルトでも妄想でもなく、可能世界を描くのに

必要な態度といえるだろう。


さて、先日、リベラル・アーツについて言及したが、その

基となる教養は、本来、文理にまたがるものでありながら、

実際、大学等で導入されている科目には、文系が多い。


だが、この先も人間が存在してくためには、理系の教養も、

さらには両者を行き来できるような強靭な知が、求められて

しかるべきだ。


フリーマン・ダイソン著『叛逆としての科学』に収められた

「科学者、管理者、詩人としてのオッペンハイマー」の章には、

マンハッタン計画を監修し、「原爆の父」と称された

ロバート・オッペンハイマーの知られざる顔が素描されている。

文理を問わない教養の持ち主であった彼は、また、後進の研究者に、 適切な場を勧める貴重な「知の媒介者」でもあった。

戦後、コモンウェルズ財団フェローのプログラム管理と研究機関

への割り振りを担当していたオッペンハイマーは、学界全体の

振興を図ろうと、あらゆる研究者が、より良い研究をおこなえるよう

心を砕いたのである。


その守備範囲の広さといえば、18世紀イギリス文学、アメリカ原住民

音楽、社会心理学、記号論理学等々、と瞠目すべきもので、研究者

の卵を、○○大学の○○研究室、○○教授のところへ、という風に

采配を振るったそうだ。


核のように、人類の運命を左右するような代物を製造する能力が、

きわめて豊饒な知に支えられていたのは、事実であったがゆえに、

それを「皮肉であった」といって済ませられるものではない。 そうではなく、当該の知を生かし、その暴走に歯止めをかけるのも、

したたかに鍛えられた知であることを、再認識すべきではないか。


実際、専攻の人数が多いのは文系だが、そちらの側に軸足を置いて

いても、抽象的な思考を鍛えていくと、理系的な発想に近づいていく。


天才の後に己のことなど記すのは、恐縮の至りだが、私自身、少し前

から、理系脳をつよくしたいと、おぼつかない感じで試行錯誤を

繰り返している。

それはただ必要だからとか、役に立つからというだけでなく、

原動力は、何より知的好奇心だ。


手応えはあっても、確信まではいっていないものの、進める限りは

境界を越えていきたい、と切に希望する。


 時の人である斎藤幸平氏と東京大学の研究者たちによる議論です。

 斎藤氏は、大学院の経済研究所で教鞭を取るにとどまらず、

 日本の言論状況をアクチュアルに活性化させています。

上述した文章における「文理」のつなぎ方にも、後半で少し触れて  います。  少し長いですが、興味のある方はご覧ください。

閲覧数:35回0件のコメント