top of page
  • 日本語空間

外側から固める

論文を書くコツがつかめていない人に、アドバイスしたいのが、

文を書き出す前に、構成を入念におこなうことである。


総体的にアイディアが練られていないまま、締め切りを意識し、

とりあえず書き出しても迷走するばかり。


論旨が曖昧で、ブレた内容にならないためにも、構成は強固

であるべきだ。


書きなれていないと、ボトムアップ方式というか、内側から

文を積み上げていきがちだが、そうではなく逆の発想で、

外側から固めれば、文がゆるぎのないものになるはず。


今日の論文指導でも、核となる章のブレインストーミングを

2時間ほどおこない、構成を検討した。

後は、章、節、項といった骨組みをつくり、文を流し込んで

いく。

たとえていうならKJ法のイメージか。


やはり論文指導は、教える側も、得るものが大きい。

このような共同作業で、未完の建築物のような論文が、

ほどなく全容を現わし立ち起こってくるのを、待ち詫び

ながら不断の努力を続けている。



閲覧数:28回0件のコメント

最新記事

すべて表示

リファレンスは足りているか?

先週から今週にかけて、読まねばならない本が山積 していて、ブログの更新が遅れてしまった… 読まねばならないと書いたが、学位論文や投稿論文、 研究計画書のサポートをする際、学習者の方と共に 相当量の読書をこなす。 Pdf形式の論文にも目を通すが、大学院レベルとも なれば、やはり書籍がメインとなる。 初めて本格的な論文執筆に取り組む場合、「書く」 方にばかり意識が行ってしまうかもしれないが、 実は、そ

bottom of page