top of page
  • 日本語空間

夜桜(よざくら)

先週の大雨に何とか持ちこたえた桜が、わずかな蕾を残して

ほぼ満開であるのを、昨日目にした。

いつも通る道で必ず目に入る樹ながら、見事に咲き切るのは、

1年にわずか数日足らずだと思いしみじみする。

 

同じ桜であっても、青空の下で見るのか、夜の暗がりの中で

見るのかで風情はかなり異なるものだ。

 

ピンクの色や、ほのかな香りは優しく、明るい日中(ひなか)

にも似合うけれど、日本人は、宵闇に浮かび上がる幽玄な姿を

より愛でてきたのだった。

 

あたかも、この世とあの世の境に束の間佇む―

 名残を惜しむように、1枚また1枚、はらはらと散っていく前の

その姿を。

 

殷殷と鬱金桜は咲きしづみ今生の歌は一首にて足る  塚本邦雄 




閲覧数:36回0件のコメント

Comentários


bottom of page