top of page
  • 日本語空間

大人たちよ

大人の定義は、一様ではないけれど。

ここでは、一応、成人している社会人としましょうか。

無論、私自身をもそこに含め、自戒の念を込めます。


以前に、私の遠縁である者が、余命わずかと診断され、

自暴自棄のふるまいに出て、周囲を散々振り回した

挙句、「自分が死んだ後の世界など、どうなっても

いい」と吐き捨てるのを聞きました。


老いて病み、判断能力が鈍ったのかもしれないけれど、

遺憾です。


目の前の具象の現実に捉えられていると、世界全体が

虚構で成り立っている(改変が可能である)、とは

感じられなくなってしまう。

あらかじめ、教育や制度により、そう信じ込まされて

いるのかもしれないけれど。


「〇〇とはそういうものだ」という言説は、「子孫に

幸福になってほしくない」祖先の呪いである、といった

のはベンサムだったと記憶しています。


呪いなんて何のその! 

有限の時間(とき)を、自縄自縛(じじょうじばく)で

思考停止したまま過ごしたりはしない!


偶然性(contingency)に想像力を馳せ、年長者が率先

して礎(いしずえ)となり、年少者を高みに押し上げて

あげられれば、世界はより生きやすくなるのではない

でしょうか?



















切り取られたメメ(野良猫・生後5か月)の左耳。























拉致され、不妊手術を受けさせられる少し前。

閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「書く」ということ

諸々の事情で、身体に限界がきて、活動休止を余儀なく されることとなった。 顔の神経が何かおかしいと思ったら、舌が動かず、 いわゆる呂律が回らない状態になっていた。 奇妙な偶然というべきか… 少し前に亡くなった恩師は、出会った時すでに全盲に 近く、長年眼そのものが悪いと思っていたのが、全身の 神経疾患による病と判明し、最後は口も利けなくなって いたのである。 私の症状については、まだ原因が不明だが、

Comments


bottom of page