• 日本語空間

大学入試サバイバル

現在、大学進学のサポートをしている方の一人は、

高校卒業後に別な道を模索していて、1年ほど前に

予定を変更。

日本への留学を決めました。


その分、先を急いでいるため、わずかな学習期間

にもかかわらず、今秋からの大学入試に挑戦して

います。


幸い、日本への留学を勧めたのがご両親だったので、

強力な後押しを得、10校近い大学の試験を受ける

予定です。


現在の状況で、ご両親も来日ができず、気が気では

ないようですが、まずは本人が健康で過ごし、どこか

に合格すればよい、とおっしゃっているようで。


結果、一番高いレベルの大学に入り、それでも満足

しなかったら、どこかの大学にいったん籍を置き、

来年、さらなる挑戦をするという計画。


日本語学校では、大学進学クラスが2年コースのみ

なので、そこには入ることができず、N1クラスで

学んでいます。

しかし、教科書中心の授業で、日本語での会話の

機会もほとんどない、とのこと。


そこで「日本語空間」では、志望理由、学習計画の

書き方から面接、小論文指導までトータルでの

サポートを行っています。


学習期間に比し、進歩は早いとはいえ、サバイバル

中のサバイバル!

不足している部分を効果的に、徹底して攻略中。


少しずつ間隔を置いて、来年のはじめまで(関東、

関西)各大学の受験は続きます

何かと心配をされているご両親のためにも、早く

吉報を届けたい。


コロナ禍にあり、諸要素が可変的で、不安を抱えて

いる学生も多いでしょうが、どうか挫けずに。

頑張れ、受験生‼










レッスンの合間に、映画『秒速5センチメートル』

が好きだという話をしてくれました。


7回の閲覧