top of page
  • 日本語空間

字数不足と「薄い」記述の克服

昨日に続き、字数制限のなかで、いかに濃い内容を、適切な文体で

書くか、を考えていきます。


すでに、長い論述を多くこなしているひとには、あてはまりませんが。

書くこと自体に苦手意識がある場合、やはり、それは「書く」以前の

準備が足りていないのではないか、と推測されます。


過日、「リファレンス」は多いほどよい、と書きました。

しかし、日本語のコンテクストでは伝わりにくいかもしれないので、

―完全な同義語ではありませんが―「インプット」と言い換えてみます。


すなわち、「アウトプット」するには、あらかじめそれを満たすだけ

の「インプット」が必要である、と表現すると伝わりやすいでしょうか。

もし、完全に、ひとりで論文に向かうには、現物としての参考文献や

資料(紙媒体だったり、デジタルだったり)が、大量に必要です。


以前、大学の卒業論文をサポートした留学生は、読書量が少なく、書く

ことも億劫(おっくう)というタイプでした。

日本語以前に、自国語においても、そうであったようで。

インプットが、まったく足りていなかった、ということです。


そこで、まずは、ブレインストーミングをおこない、自身が気づいて

いない関心のありかを探りながら、意義ある課題を設定していきました。


無論、長い論文の場合には、あらかじめ一定量の読書をおこなっておく

べきなのですが、時間がすでに足りない場合は、このように集中して、

内側に眠っているものを引き出していくことも可能です。


Wordの白い画面に向かい、ひとりで呻吟(しんぎん)していても、

時間はいたずらに過ぎていくばかりですから。

そのようなときには、すみやかに方途を変えるべき!


上述したような、文章に習熟したひとなら、自問自答のようなかたちで、

ブレストもおこなえるでしょう。

しかし、そこまでの経験がないひとの場合、第三者に引き出してもらう

ことで、一歩を踏み出せることが、多々実証されています。


そして、推敲の段階で、適切なアドバイスを受け、文章にはメリハリ

がつき、論文全体が、平板でなく「立体的」になっていくのです。

当然、このようにして完成した文章は、審査する側にとっても、なめらか

に読み進められ…

ハイ! 「読ませる」論文として生まれ変わります。













 文字の印象も美しい「琥珀(こはく)」。

 左斜め上に見えるのは、小型の翼竜

 (よくりゅう)の頭の部分だそうです。


閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「書く」ということ

諸々の事情で、身体に限界がきて、活動休止を余儀なく されることとなった。 顔の神経が何かおかしいと思ったら、舌が動かず、 いわゆる呂律が回らない状態になっていた。 奇妙な偶然というべきか… 少し前に亡くなった恩師は、出会った時すでに全盲に 近く、長年眼そのものが悪いと思っていたのが、全身の 神経疾患による病と判明し、最後は口も利けなくなって いたのである。 私の症状については、まだ原因が不明だが、

Comentarios


bottom of page