top of page
  • 日本語空間

山場(やまば)

自分自身の論文を書くか、学習者の論文をサポートするか、

とにかく執筆に関わる日々を送っていると、締め切りから

ボトムダウンするようにして予定が決まっていく。


すると、自然に無駄を極力省きたい想いが湧き、「使える」

時間の確保に貪欲になる。


修士課程2年の時、同じゼミの学生が、「今年の夏は1か月

くらい山にこもりたい」と言っていたことを、今でも時々

思い出す。

山にこもるのは、無論、翌年の1月に提出せねばならない

修士論文に集中するためだ。

生活の要素が多いと、一々足を引っ張られてそのつど立ち 止まり、集中力がそがれてしまう。

彼のことばに、返事をしたかしなかったかは、おぼえていない

が、学生に与えられた最大の恩恵? ともいえるモラトリアム

の最後に、誰もいない場所で思う存分構想を練りたい気持ち

は、その場にいた誰もが共有していたと思う。


さて、現在、学位論文を書いている多くの学生が、山場に

さしかかっていることだろう。


たくさん論文を書いていると、あといくつくらい越えねば

ならない「山」があるか、何となく想像がつく。


そこで降りてしまわず、踏みとどまって尾根を目指すのは

大抵至難の技だが、経験を積むうちに胆力が養われてきて、

山を越えた後には、一回り成長しているのだ。


自暴自棄になって判断力を失ったり、気を抜いて滑り落ちたり

しないよう、最後までしたたかに歩を進めよう!





閲覧数:29回0件のコメント
bottom of page