top of page
  • 日本語空間

平板な記述を克服する

論文であるにもかかわらず、レポートのような印象を

与える文章があります。


日本語の意味は理解できるけれど、メリハリがなく

単なる「まとめ」になってしまっている・・・


原因は、いくつか考えられますが、まずリファレンス

が少なすぎること、単一な視点しか取り込めてない

ことが挙げられます。


すなわち、関連するより多様な文献に触れ、たとえば

ある説に対し、賛成意見のみでなく反対意見も検討して

みたり、専門性を縦に掘り進んでいくばかりでなく、

隣接する分野を横断してみたりする(慣れるまでには

訓練が求められますが)ことも重要です。


そうして、自分の側から書いて終わりでなく、書き

終わった文章を客観的に眺める作業も欠かせません。


内容は、きちんと整理され、項ごとにまとめられて

いるか?

メリハリがあり、適度に修辞を使えているか?

 

論文を隅から隅まで読まずとも、目次を見れば、大体

の内容が読み取れるようにせねばなりません。

逆にいえば、そうして目次から内容が読み取れ、関心を

引きつけるような論文は、質的にも期待ができます。


それゆえ、あらかじめ「章立て」がきっちりできていれば、

書きあぐねることもなく、すんなり執筆に入っていける

のです。


以前に、「急がば回れ」というタイトルで記事を書き

ましたが、まずは「書く」前に「読む」時間を多めに取り、

助走をたっぷりつけること!

そうして初めて、立体的な記述の論文へと一歩を踏み 出せるでしょう。


閲覧数:29回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「書く」ということ

諸々の事情で、身体に限界がきて、活動休止を余儀なく されることとなった。 顔の神経が何かおかしいと思ったら、舌が動かず、 いわゆる呂律が回らない状態になっていた。 奇妙な偶然というべきか… 少し前に亡くなった恩師は、出会った時すでに全盲に 近く、長年眼そのものが悪いと思っていたのが、全身の 神経疾患による病と判明し、最後は口も利けなくなって いたのである。 私の症状については、まだ原因が不明だが、

Comments


bottom of page