• 日本語空間

持って回った言い方

先週から授業を再開した学習者の方とおこなっている

「聞き取り」の練習が、非常に興味深く、あらためて

色々なことを考えさせられます。

授業では、ビジネスの場面における生教材を用い、

日本語の正確な聞き取りと、コンテクストの読解に

取り組んでいます。


その方にとって、ビジネス会話で難しいのは、話すこと

より聞くことだそうです。


つまり、自身が、日本語の教科書で学んだ通り、正確な

表現をすれば、やや硬くても意味は通じますが、日本人

の同僚が話す日本語は、教科書とはかなり隔たりがある

ため、「真意」がつかみづらい、と。

そこで、何が難しいのかを分析したところ、実際には発話

しているのに、特に意味がない部分や、「持って回った

言い方」だとわかりました。

特に会社の同僚、チームのように、なじみがあり一体感の

ある関係では、曖昧な表現をしても、意思が通じてしまう

ため、当該の表現をすることで、近しさを共有したい気持ち

が生じるのでしょう。

たとえば、発話の冒頭で「あれですよね」といった場合、

部外者からは、一体何を指しているのか? わかるはずも

ないですよね。

しかし、仲間内では、その「あれ」を、心の内にすぐ思い

浮かべることができます。

また、「あれですよね」といいつつ、次のフレーズを自身の

頭の中で探っている場合もあります。


さらに、教科書的に「それは~です」と、かっちりまとまらない

「それって~ともいえるんじゃないか、ということにもなって

きてですね」といった膠着語(こうちゃくご)特有のうねうね

した表現は、捉えようとするそばから逃れていってしまう。

そして、「てか」、「なんか」、「みたいな」というような

特に意味のない表現が、早口で話されると次に出てくる表現

とつながり、別な表現と勘違いされるなど、悩ましいこと

この上ない。


大切なのは、徐々にスキャニングがおこなえるようになり、

全部を聞き取るのでなく、重要なポイントをつなげ、意味を

類推できるようになること。

話すことにおいては、特に、学習歴がさほど長くない場合、

日本人の持って回った言い方を、そのまま真似する必要は

ありません。


ところで、持って回った言い方は、親しさを表す以上に、

ストレートな物言いがしづらいときに使われるので、要注意!


最後に、カジュアルな印象の話し方でも、「要(かなめ)」の

部分に使われるのは、“漢語”(カタカナと結びついたジャーゴンも)

であることを指摘しておきます。

→ビジネス、学術を含めた公的場で。


無論、慣れてくるにつれ、全体的にこなれた表現ができるように

なるでしょうが、まずは、「適切な漢語づかい」といった要所を

押さえると、それだけでもスマートな印象を与えられます。
















  「茶亭 羽當さてい はとう」(渋谷)

26回の閲覧0件のコメント