• 日本語空間

挑み続ける

早いものでもう9月となりました。


今年も3分の2が過ぎ、残すところあと4ヶ月。

勢い力が入ります!


これから受験シーズンに突入し、各種の論文

の締め切りも意識されてくるでしょう。


先日のレッスン後、学習者の方(間近に大学

受験を控えている)が、ここ2年くらいは、

勉強、勉強で「青春がありません…」と言って

いました。


その嘆きは、頭では理解できますが、そこまで

勉学に集中できる時期も、人生の中では貴重

だと、こちらの立場からは思えます。


またそうは言っても、日本に来てまだ半年ほど

なので、色々なことが新鮮で、ささやかな楽しみ

はあるようです。

振り返った時には、それもまた青春? ではない

かと。


本格的な面接練習も始まりましたが、1回目を

終え、「人生で初めての経験で緊張しました」と

初々(ういうい)しい感想を述べていました。


さあ、泣いても笑っても今年の試験は一度きり。

ここからは山また山です!

悔いのない日々を燃焼させましょう。


























   2020.9.1

8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

縁は異(い)なもの

一昨年、卒業論文のサポートを依頼してきた元留学生が、 先週の土曜日に結婚式を挙げました。 卒業と結婚がほぼ同時とは、珍しいこと… しかし、そこに至るまでは、単調ではないドラマがあった のです。 最初、彼女は添削を希望していて、あまり完璧に直しすぎ ない方がいい、といわれたので、そのつもりでいました。 理由は、ゼミの先生にも直してもらう「余地」を残して おきたいから、と。 しかし、年末になってもいっ