top of page
  • 日本語空間

文章との距離

文章は、長くなればなるほど、自分自身との間に距離を取らないと、

全体が視野に入りません。


あたりまえのことのようですが、距離が近すぎると、書き進められ

なくなってしまいます。


以前、外国に投稿をしたとき、審査を通過したのはよかったのですが、

最終の校正時間が少ししかあたえられず、パニックのようになりました。

日本では、慎重さを期して、倍以上の時間があたえられるので…

まあ、それも訓練にはなりましたが。


文章は、その場で直して終わりでなく、最低でも1日置いて見ないと、

推敲が不可能です。


また、画面上でなく、必ずプリントアウトしてチェックすること。

音読をして、だれかに聞いてもらうこと。

もし、だれかに聞いてもらわなくとも、声を上げて読んでみると、そう

しないときよりも、不備に気づきやすいです。


現代は、手書きでなくなり、書くのではなく打つのが主流になったとは

いえ、文章をものする行為とは、アナログな性格を多分に有するものだと

つくづく思います。
























   歌川広重『大はしあたけの夕立』

    (名所江戸百景)より

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

リファレンスは足りているか?

先週から今週にかけて、読まねばならない本が山積 していて、ブログの更新が遅れてしまった… 読まねばならないと書いたが、学位論文や投稿論文、 研究計画書のサポートをする際、学習者の方と共に 相当量の読書をこなす。 Pdf形式の論文にも目を通すが、大学院レベルとも なれば、やはり書籍がメインとなる。 初めて本格的な論文執筆に取り組む場合、「書く」 方にばかり意識が行ってしまうかもしれないが、 実は、そ

bottom of page