top of page
  • 日本語空間

文章との距離

文章は、長くなればなるほど、自分自身との間に距離を取らないと、

全体が視野に入りません。


あたりまえのことのようですが、距離が近すぎると、書き進められ

なくなってしまいます。


以前、外国に投稿をしたとき、審査を通過したのはよかったのですが、

最終の校正時間が少ししかあたえられず、パニックのようになりました。

日本では、慎重さを期して、倍以上の時間があたえられるので…

まあ、それも訓練にはなりましたが。


文章は、その場で直して終わりでなく、最低でも1日置いて見ないと、

推敲が不可能です。


また、画面上でなく、必ずプリントアウトしてチェックすること。

音読をして、だれかに聞いてもらうこと。

もし、だれかに聞いてもらわなくとも、声を上げて読んでみると、そう

しないときよりも、不備に気づきやすいです。


現代は、手書きでなくなり、書くのではなく打つのが主流になったとは

いえ、文章をものする行為とは、アナログな性格を多分に有するものだと

つくづく思います。
























   歌川広重『大はしあたけの夕立』

    (名所江戸百景)より

閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「書く」ということ

諸々の事情で、身体に限界がきて、活動休止を余儀なく されることとなった。 顔の神経が何かおかしいと思ったら、舌が動かず、 いわゆる呂律が回らない状態になっていた。 奇妙な偶然というべきか… 少し前に亡くなった恩師は、出会った時すでに全盲に 近く、長年眼そのものが悪いと思っていたのが、全身の 神経疾患による病と判明し、最後は口も利けなくなって いたのである。 私の症状については、まだ原因が不明だが、

Comments


bottom of page