top of page
  • 日本語空間

文章の中を循環する

投稿論文の締め切りが迫ってきたため、最後の仕上げに向かっています。


字数制限は、一般的である2万字。

いったんは、かなりの字数オーバーとなりました。


しかし、その後、字数を減らしつつ、表現を整えていくのは毎度のこと。


誰から教わったのでもなく、気がつけば身についていた方法ですが、

こうして結果を出してきたので、妥当ではないかと考えています。


序章から終章まで、各章の完成度は80%くらい。

まずまずといったところです。


全体が、ある程度書きあがってからは、1章分の見直しが終わると、

最初にまた戻る、という作業を繰り返しています。

文章の中を、循環するイメージです。


こうすることで、「部分」と「全体」への目配りが行き届き、

整合性が生まれます。

そうして、記述も、ぎゅっと凝縮されていくのです。













    『新宿駅解体』(田中智之)


実際は、白地にブルーの繊細なペン画です。

見づらいので、あしからずフィルターをかけ

ました。

閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

リファレンスは足りているか?

先週から今週にかけて、読まねばならない本が山積 していて、ブログの更新が遅れてしまった… 読まねばならないと書いたが、学位論文や投稿論文、 研究計画書のサポートをする際、学習者の方と共に 相当量の読書をこなす。 Pdf形式の論文にも目を通すが、大学院レベルとも なれば、やはり書籍がメインとなる。 初めて本格的な論文執筆に取り組む場合、「書く」 方にばかり意識が行ってしまうかもしれないが、 実は、そ

bottom of page