top of page
  • 日本語空間

断捨離(だんしゃり)

「断捨離(だんしゃり)」ということばがある。

最初に提唱されたのは1970年代で、コロナ感染拡大の時期、

再び注目されるようになったらしい。


入ってくる不要な品を断つ「断」、家にあるガラクタを

捨てる「捨」、ものへの執着から離れる「離」。

つまり、不要なものと必要なものを見極めるということだ。


私自身、大学院で学ぶ前は、生活のこまごましたものに

対する興味もあった気がするが、論文優先の生活を送るうち、

シンプルな生活を送りたいと願うようになった。

研究のため、時間の無駄を省き、雑念を払しょくするには、

物のない生活がいちばんだから。


博士課程修了後も、しばらくはそのようにどこか無機的な

環境を好んでいて、本を読む時間が少しでも多く取れるのを

幸いに感じていた。


ところが、保護猫が事務所に来てからは、そのように自分勝手?

な生活を送ることはできなくなった。

餌の用意、衛生面への配慮、目の病気を治すための病院通い。

振り返ると最初のころは、論文を書いていて、遊んでくれと

せがまれると、適当にごまかしてきちんと相手をしてあげなかった。


しかし、ことばを話さない存在が、仕草や鳴き声で熱心にうったえて

くるのを見て、心を動かされずにはいられなくなった。


大量生産、大量廃棄の時代に、SDGsの意識は大切だが、あまりにも

生活の要素をそぎ落とし過ぎたら、無機的かつ非人間的になるかも

しれない。


物の要・不要は見極めながら、人間以外の「自然」に目を向ける

時間を大切にしたい。


閲覧数:31回0件のコメント

最新記事

すべて表示

柔軟な研究生活を送ろう

ここのところ、日本の大学院に進学を希望する 外国人学生が増えている。 実際に大学院で博士課程を修了した身としても、 専門性が絞られ、高度な学びをおこなえる大学院 は、大学以上に、留学としては意義あるものと 考えられる。 日本国内での大学院進学率は、依然高くないが、 優秀な外国人学生が増えることで、全体のレベル アップが図れるなら、本来の少数精鋭的なあり方 が保たれるのではないだろうか。 さて、大学

Comments


bottom of page