• 日本語空間

日本語の音声:高さ

先日書いたように、母語の干渉や個々人の癖等があるため、

音声の指導には、すべての学習者に対応できるたった一つの方法

がありません。


それゆえ、プライベートレッスンのような形態は、適していると

いえますが、個人でも、日本語の音声の基本的な法則をおさえる

ことで、ある程度の自律学習が可能です。


ブログという形式上、大量の文字数を費やすことはできないため、

あえて2点に絞ってお話ししたいと思います。


そのうちの1点は、高低アクセントに関するものです。


※ただし、標準語を基準にお話しします。


[1]高低アクセントの最も基本的な法則は、ことばの最初の1音目と

  2音目の高さが異なることです。

  つまり、下→上、もしくは上→下、となります。

無アクセントのような、上→上、下→下、はありません。


[2]そして、高低アクセントと呼ばれるものには、四つの型があります。

1.平板型(へいばんがた)  下から上にあがって、そのまま。

2.頭高型(あたまだかがた) 上から下に下がる。 

3.中高型(なかだかがた)  下から上にあがり、また下がる。

4.尾高型(おだかがた)   下から上にあがるが、助詞がついたときに

               下がる。


四つの型を練習するときには、活用のない名詞からおこなうのが、

わかりやすいです。


たとえば、4拍の名詞においては、7割以上が平板型といわれています。

例)大学、空想、運動、薄味、人工… (“しりとり”にしてみました)

→助詞「が」をつけても、上がったまま。


また、若者ことばの影響等で、頭高型の名詞が、平板型に変化した例は

少なくありません。

例)ゼミ、ドラマ、バイク

※ただし、アナウンサーは、以前のアクセントで発音しています。


1の平板型と2の頭高型は、比較的わかりやすいですが、3の中高型は、

どこで下がるかがポイントです。

下がるところを、滝が落ちるのに見立てて「アクセントの滝(たき)」

と呼びます。

例)歯科医 し(下)・か(上)・い(下)

  湖   み(下)・ず(上)・う(上)・み(下)


また、4の尾高型は、名詞のままでは、平板型と同じですが、助詞が

ついたときには、助詞の前に、アクセントの滝があります。

例)妹が い(下)・も(上)・う(上)・と(上)・が(下)

  心が こ(下)・こ(上)・ろ(上)・が(下)


名詞レベル、短い語では、アクセントをおさえやすいですが、文単位で

長くなるにつれ、難易度が上がります。


☆彡「高低アクセント」のポイント

・型をきちんとおさえる。

・「上がる」、「下がる」を、曖昧でなく、きちんと高さを意識して発音

 すると、きれいに聞こえる。











Sea Organ (Croatia)

8回の閲覧